Home>歌川国貞


歌川国貞

五渡亭国貞 三代豊国(ごとていくにさだ さんだいとよくに)
1786〜1864
初代豊国の門人で同門中の傑物と言われた人物。美人画を描き役者絵も相当数多く出版した画家であった。彼の描く美人画は彼が五渡亭称した頃の作が最も優れており艶麗で芸術的にもよい作品であった。初代没後自ら二代目を名のったが兄弟子が二代を継いでいたので実は三代目になる。三代目豊国となってからの作品、特に役者絵は膨大な数にのぼり、浮世絵史上、最も作品数が多いと言われている。

歌川国貞商品